スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JPNツアー愛媛レポ~感動ライブ編~

※ライブ中のMC等記載あります。
 ネタばれを気にされてる方はこれ以上、下を見ないでください。








すでに他でもMC出ていると思いますが
自分なりに思ったことも踏まえて書きます。


愛媛武道館の中に入るとポツンとお花が飾ってありました。
SSAでは大量に飾られてましたが
会場によって花の数も違うのかな?と実感。

DCIM0040_convert_20120416210319.jpg



座席はアリーナ前方のっち側の端の方。
メインステージがこんなに近くなんて初めての体験でした。
神戸やSSAではアリーナでもPA席近くの一番後ろのほうでしたから
まったく真逆ってほどのステージの近さに嬉しさがこみ上げます。


スタンドエリアの後方、右と左の端がなにやら人がわんさかいました。
どうやら立ち見席の方とのこと!
まるでライブハウス並みのモッシュな感じに
「あのエリア楽しそうでいいね~!」と周辺の人々は言ってました。


愛媛で4度目の参戦でしたが、
大好きな4曲目の『アレ』でいつもはテンション上がるのに
なぜかが…
真近で見るバックの映像と彼女たちのダンスに魅了され
とめどなく感動の涙が溢れ出てきました。
しっかり見なくちゃ!!JPN黄タオルで涙を拭う。



愛媛県武道館が今回のJPNツアー最少会場だけあって
MCでは「近いっ!」を連発。だからこそ暖かさを感じる♪とのこと。


のっちサイド出島で
上壇の間にいた『投げキッス』3歳の男の子がいじられる。
Perfumeもテンションあがって沢山投げキッスしてました。
このMCだけでなく投げキッス連発のあの曲でも
あ~ちゃんがその子に向けてプレゼント!
なんて大サービスなんだ!!



かしゆかサイドでは女子高生3人組。
高校1年生ってことで入学したばかりなのでしょう。
真新しい制服が眩しい感じで初々しかった。
一人があ~ちゃんと誕生日がいっしょ
もう一人が名前があやの
最後の一人は…何もなし…
なんかない??と聞かれてたけど無いのが逆に大うけでした。


ピュレグミのCM決定のお知らせもしてくれて
『ぷるぷるつんつん』を口ずさんでくれました。
キャリーぱみゅぱみゅちゃんの曲が好きと言ってこれも少し披露してくれます。




『この後は誰もが知ってる曲が続きます…
 これはね、例えばドリカムさんだったら
 LoveLoveLoveが聞きたいとかあるでしょ。
 そこは飛ばさないでやってほしい!って曲。
 だからね、やりますよ!』

そういって曲に戻ります。
何度もPerfumeのライブに行ってる人だけではないからね。
初めての人にしてみたら「これぞPerfume!」的な曲は聞きたいよね。

そういえば今回は『初めてPerfumeライブに来た人』の質問はなかった。
それでもライブグッズの売れ行きからして初見の人は多いような気がした。



世界進出のことも話してました。
「世界へ…!なんて言うとすごく遠くに行っちゃいそうな気がして
 寂しいって思う気持ちあると思います。
 でもPerfumeは世界で売れたいってことではなくて
 私たちの曲を聴きたいって言ってくれるファンがいるから
 そこにも行こうってなっただけ。

 曲を英語で歌うとか、カッコよさを追及するとかではなくて
 日本の歌を広めるってこと。
 寂しいってなったら世界進出やめて!って言って!!
そしたら辞める!す~ぐ戻ってくるからね~!

ファンの気持ちになっていろいろ考えてくれてるんだな~と実感。


名古屋とかあちこちでこのことを言っていたと聞いてはいたけど
実際に彼女たちの口から聞くと
すんなりと頭に入ってきて安心した。



そうそう、今ツアー一番の盛り上がり曲だと思う後半のあの曲。
隣にいた男性は最初からずっと静かに立って見ている人だった。
いわゆる『地蔵』だと思う。
それが、この曲になった瞬間ジャンプの嵐!
ジャンプしたいって衝動にかられたのか。
それともこの曲の為に温存していたのか!?
とにもかくもまわり全体がジャンプの嵐だった☆



終盤でこちら側に3人が代わる代わるやってくる。
ショコラ達から左斜め前のステージサイドって場所が
きっとどの会場のステージサイドよりも
3人との距離が近かったのだろう。

手が届きそうなくらいの位置でそこの人たちを
のっちがあおっていたのが印象的!
あ~ちゃんは正面を向いてくれることが多かった☆
この近さだと目があうだけでドキドキが止まらないっ。



アンコール1曲目に入る前に
『この曲を歌うときは緊張する』と言っていた。
皆に元気、パワーをあげるためには
自分たちも頑張らなくちゃいけないから!って。




この曲を『良い』と言ってくれないファンもいる。
人それぞれなので感じ方はいろいろあるだろうけど…
2008年の武道館でこの曲を聞いた時、
彼女たちの決心みたいなものを感じたんだ。
崖っぷちでも挑戦し続ける…


今後この曲に変わる曲が現れるかもしれないけれど、
Perfumeにとって大切な曲であることに変わりはないと思う。




とにかく最高だった!
感動を伝えたくて長くなってしまいました…
この後のオフ会、2日目の余韻はまた次回に報告します…


By ショコラれもん


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。